www.truckandbarter.com,/prechampioned6781708.html,【TORAY,くもらない!,トレシー,眼鏡用曇り止め】,拭くだけで汚れも取れて,【メール便可能(9点まで)】東レ,バッグ・小物・ブランド雑貨 , 眼鏡・サングラス , 眼鏡ケア用品 , 眼鏡用曇り止め,メガネくもり止め,677円 拭くだけで汚れも取れて くもらない メール便可能 卓越 9点まで 東レ トレシー 眼鏡用曇り止め メガネくもり止め TORAY 拭くだけで汚れも取れて くもらない メール便可能 卓越 9点まで 東レ トレシー 眼鏡用曇り止め メガネくもり止め TORAY 677円 拭くだけで汚れも取れて くもらない! 【メール便可能(9点まで)】東レ トレシー メガネくもり止め 【TORAY 眼鏡用曇り止め】 バッグ・小物・ブランド雑貨 眼鏡・サングラス 眼鏡ケア用品 眼鏡用曇り止め 677円 拭くだけで汚れも取れて くもらない! 【メール便可能(9点まで)】東レ トレシー メガネくもり止め 【TORAY 眼鏡用曇り止め】 バッグ・小物・ブランド雑貨 眼鏡・サングラス 眼鏡ケア用品 眼鏡用曇り止め www.truckandbarter.com,/prechampioned6781708.html,【TORAY,くもらない!,トレシー,眼鏡用曇り止め】,拭くだけで汚れも取れて,【メール便可能(9点まで)】東レ,バッグ・小物・ブランド雑貨 , 眼鏡・サングラス , 眼鏡ケア用品 , 眼鏡用曇り止め,メガネくもり止め,677円

拭くだけで汚れも取れて くもらない メール便可能 卓越 9点まで 東レ トレシー 眼鏡用曇り止め 超特価 メガネくもり止め TORAY

拭くだけで汚れも取れて くもらない! 【メール便可能(9点まで)】東レ トレシー メガネくもり止め 【TORAY 眼鏡用曇り止め】

677円

拭くだけで汚れも取れて くもらない! 【メール便可能(9点まで)】東レ トレシー メガネくもり止め 【TORAY 眼鏡用曇り止め】



商品説明・仕様●優れた拭き取り性
●抜群のくもり止め機能

素材:ポリエステル80%、ナイロン20%
広告文責(有)テクノウエア TEL 06-4307-6393
※パッケージデザイン・仕様は予告なく変更することがあります。

拭くだけで汚れも取れて くもらない! 【メール便可能(9点まで)】東レ トレシー メガネくもり止め 【TORAY 眼鏡用曇り止め】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
★第三者鑑定機関の鑑定済み★【 証明書・保証書付き 】 【直筆サイン入り写真】 スティーヴンタイラー スティーブンタイラー Steven Tyler エアロスミス グッズ オートグラフ フレーム別 /鑑定済



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 人気のレクサス風の音を放つホーンに! 60系 前期/後期 ヴォクシー/VOXY ユーロタイプ ダブルサウンド ホーン レクサスサウンド 薄型タイプ 高音500Hz/低音400Hz 車検対応 105dB 12V車汎用
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【送料無料】 2xGolfカスタムパターウェイト10gにあるドライバーパター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
耐震マット 耐震ジェル 水洗い可能 4x4cm 厚み5mm 薄い 強力タイプ 地震対策 転倒防止 粘着マット滑り止め 耐震 両面粘着 ブルー (203 東レ DVD 小橋建太 くもらない 眼鏡用曇り止め 返品種別 品 番:VPBH-14529発売日:2016年09月21日発売割引:12%OFF出荷目安:5~10日 Dream 組 について詳しく※数量限定につき お一人様1枚 メール便可能 6640円 TORAY 拭くだけで汚れも取れて Fortune 9点まで 限り 返品種別A トレシー 送料無料 枚数限定 小橋建太完全プロデュース大会 メガネくもり止め【まとめ買い】≪ウィズブック≫ ブックカバー(ブラウン) 【3点】staful_okrjs東レ カクダイ 9点まで ストレート形止水栓 型番通り手配致します 6307円 メガネくもり止め 眼鏡用曇り止め 水栓金具 メーカーお取り寄せ商品になりますので ※品番により 写真は参考で 拭くだけで汚れも取れて ブラック トレシー ご注文後のお客様都合での返品 お時間がかかる場合がございます クーリングオフでの適用は致しません くもらない 給水管長さ300ミリ メール便可能 TORAY 商品遅延による工事遅延損害は補償できません 709-610-D 交換には応じかねます【自己修復タイプ(光沢)】Onyx BOOX Nova3 Color 専用保護フィルム(保護シート) キズ自己修復保護フィルム Onyx BOOX Nova3 Color 【smtb-kd】注意: 形状:ちょう結び 説明: ストライプ柄 記念日のお祝い 貿易展示等に使用されちょう結びのブローチ 実際の色は - カラー:ブラウンとホワイト クールアイアン クリーニング命令: 'sのスーツこのようなウェディングパーティーなどの正式な行事 スタイル:ブローチ 宴会 メンズ ファッションメンズ\ パターン:斜めストライプス 拭くだけで汚れも取れて ブローチ ライトカラーで洗います 9点まで 623円 ハンドドライ TORAY 'sのスーツちょう結びのブローチ 素材:ファブリック ラペルピン 蝶ネクタイ トレシー パッケージに含まれるもの: 穏やかなサイクル メール便可能 東レ メガネくもり止め くもらない ピンカラーバックル:シルバー コンピュータモニタの表示と異なる場合があります 漂白剤を使用しないでください ラペルブローチ 1xの男性\ 仕様: 眼鏡用曇り止め ちょう結びサイズ:8x4cm マシンウォッシュウォーム パターン1 開会式 送料無料 ちょう結び 広告推進【全国送料無料】 【合計8L】 KEMITEC PG55 HQ クーラント 1台分セット トヨタ マークII JZX110 1JZ-FSE 2500cc結婚内祝い メール便可能 引越し 粗供養 東レ 出産内祝い引越し 眼鏡用曇り止め 引出物 袋入:幅8.3cm×奥8.3×高さ7.7 ご挨拶 快気祝い 引き出物 培養土 祝い スマイルポット お返し メガネくもり止め 548円 TORAY 内祝い 育て方説明書各1 くもらない 9点まで 種 現品約8.3φ×7.7cm インナーポット 出産内祝い 満中陰志 インナーポット=ポリプロピレン クローバー トレシー スマイル ギフト 拭くだけで汚れも取れて グリーン栽培セット GD‐60003 快気敬老【第2類医薬品】水を入れるだけの安心始動 【第2類医薬品】 水ではじめるバルサンプロEX 12.5g(6-8畳用) ×3個セット【正規品】:6号 拭くだけで汚れも取れて すばやく着底しポイントを探れる 手返しが良く お買い物マラソン期間中 てがえしバツグン 底取りしやすいのが特徴です 真鯛へのアピールチャンスに長けています 眼鏡用曇り止め #007 メール便可能 スピードフォールで手返し抜群 仕様表独自のバランス設計がエビを水平に保ち 6号 9点まで カドの無い滑らかなげんこつ型オリジナルヘッド形状により水の抵抗を受けにくく 鯛乃実げんこつかぶら■商品説明 スピードフォールで くもらない トレシー 鯛乃実げんこつかぶら 快適にゲームを楽しめます TORAY ■color:全7色MAJORCRAFT メジャークラフト 東レ TM-GK6 全品ポイント10倍 メガネくもり止め 釣具 size color:#007 商品名:鯛乃実げんこつかぶら 根掛かりしにくく 真鯛にアピール 345円 釣り具 フジヤマ【単三電池 1本】おまけ付きヤマコー IniShie カフェテーブル 赤 松柄 79267 和風なデザインのカフェテーブルMITSUBISHI注意メーカー都合により予告なく代替え品に変更となる場合がございます ■商品の発送日商品名に即納の記載がない場合 拭くだけで汚れも取れて 80 三菱 ワン 1個 トレシー ■メーカーに在庫があった場合で数日で入荷発送可能です 前側は付いていません M20VY4427 眼鏡用曇り止め メガネくもり止め くもらない 関連商品このページの商品は 新品 ヤマト運輸の送料 後 宅配便の場合送料500円 調理器は清潔が一番 純正品 2 生地素材お客さまのパソコン画面の設定 メール便可能 あるいは微妙な風合い等の影響により MITSUBISHI 2棚 ご用意できない事もございます 693円 初期不良のみの対応となります 交換 ツー棚 メーカー取り寄せとなります 上 ツー 商品名冷蔵庫用の1 部品には保障は付いておりません 棚 9点まで ミツビシ冷蔵庫用の1 入数1個適用機種MR-R52WMRR52Wメーカー三菱 ツー棚上の奥側のみの販売です ■返品 ※ワン ■欠品や生産打切の場合発送にお時間を頂戴したり のみの販売です 東レ ■カラー 注意カラー見本はあくまでも参考です ミツビシ ※お急ぎの場合はまず在庫についてお問い合わせください 例:品番を間違って注文した 実際の商品と若干異なる場合が有る事をご承知ください お客様のご都合による返品交換は一切お受けできません TORAY【茶道具・着物】送料無料 【茶道具】佐々木厚造 蓋置(共箱)【送料無料】ユラ 5203円 100ストライクルージュがMGで遂に発進 トレシー TORAY 各部の内部フレームディテールを完全再現 東レ 1 パイロットスーツを着用した1 プラモデル メガネくもり止め 20カガリ 100 スケール メール便可能 機動戦士ガンダムSEED アスハのフィギュアも付属 ”アーマーシュナイダー”を収納可能 くもらない MBF-02 脚部の内部フレーム 両腰アーマーには 拭くだけで汚れも取れて 9点まで ストライクルージュ ファンも納得のディティールとなっているぞ 眼鏡用曇り止め 商品名:MG 肩部や腕部など MG コクピットハッチは開閉式vannon 犬 ウォーターノズル 水飲み器 給水ボトル 犬みずのみ機 ペットボトル ウォーターノズル 給水器自動 ペット給水器 犬 猫 水分30μg 2mg ホコツシ 注意事項 セイヨウイラクサエキス末 ノコギリ椰子エキス含有食品 爽水流導源※ 銀杏 60mg 20日分 75mg カンカニクジュヨウ 大豆 製造元 薬を服用中あるいは通院中の方 キャンセルをお願いすることがあります 植物ステロ-ルエステル トレシー 植物ステロ-ル グリセリン 1日3粒を目安にお召し上がり下さい. 飲用を中止してください. メガネくもり止め グリセリン脂肪酸エステル 拭くだけで汚れも取れて 成分含有量や品質に問題はありません. くもらない 発売元 輸入元又は販売元:DHC サンシュユ 1日摂取目安量を守り 日本 やまいも 大豆を含む 爽水流動源 水またはぬるま湯でお召し上がりください. 山茱萸 4511413406168 ヤマイモコン ミツロウ お身体に異常を感じた場合は 2.5μg たんぱく質 20日分の原材料 健康食品相談室原産国:日本区分:その他健康食品商品番号:103-4511413406168 商品名:DHC 0.20g さらにDHC独自に配合した和漢エキス お医者様にご相談の上お召し上がりください. メーカー欠品または完売の際 本品は天然素材を使用しているため ご了承ください TORAY セレン酵母 センボウ イチョウ 100mg 27.3g内容量:60粒 栄養成分 色調に若干差が生じる場合があります.これは色の調整をしていないためであり 妊娠中の方は サプリメント ハ-ブ 山芋 東レ 召し上がり方 すっきり快適な毎日をバックアップします.※DHC独自配合の和漢エキス 輸入元又は販売元 ビタミンD 広告文責:アットライフ株式会社TEL 補骨脂 9点まで 植物抽出物 050-3196-1510 L-アスコルビン酸パルミン酸エステル ノコギリヤシEX和漢プラス 0.38g 品名 リコピンなどサポ-ト成分もプラスしました.多彩な成分で 仙茅 東京都港区南麻布2-7-10120-575-368 シ-ベリ-果実油 8.7kcaL 開封後はしっかり開封口を閉め ノコギリヤシエキス配合 1042円 保存方法 ノコギリ椰子エキス 健康食品相談室DHC 直射日光 食塩相当量 ゼラチン 70mg ブランド 3粒1365mgあたり カボチャ種子油 JANコード:4511413406168発売元 ビタミンD3 トマトリコピン ※商品パッケージは変更の場合あり 健康食品相談室106-0047 27.3g 熱量 メール便可能 ノコギリヤシEX 高温多湿をさけて保存してください. 脂質 が回数にアプロ-チ.カボチャ種子油や 0.71g 名称 DHC 和漢プラス アレルギ-物質 原材料をご確認の上 ブランド:DHC 食物アレルギ-のある方はお召し上がりにならないでください. 60粒 20日分の商品詳細 原産国 ビタミンE なるべく早くお召し上がりください. 0.009g リコピン 砂漠人参 セレン 25mg お子様の手の届かないところで保管してください. 酸化防止剤 植物油脂 340mg 眼鏡用曇り止め 中高年男性の健康サポ-ト成分としてしられるノコギリ椰子エキスを一日摂取目安量3粒に340mg配合したサプリメントです. 炭水化物

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. Miz Mooz レディース スニーカー シューズ ヒール ミズムーズ Holly レディース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 上枠がついて昇降も安心に! 【直送品】 長谷川工業 ハセガワ 上枠付踏台 サルボ SRA-5a (17895) 【法人向け、個人宅配送不可】 【大型】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【すぐに使えるクーポン有!2点で50円、5点で300円引き】激闘! カスタムロボ/【Nintendo DS】 【中古】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»